GENERAL DERMATOLOGY一般皮膚科

いぼ・水いぼ・帯状疱疹warts

いぼってどんなもの?

いぼ

いぼ(疣)は皮膚からもりあがっているできものを俗に表現する総称です。一般にいぼといわれるものには、大きくわけると、ウイルス感染が原因のいぼと、体質が原因のいぼの2種類があります。

ウイルス感染が原因のいぼ

いぼの多くは、ウイルスに感染することによっておこります。
ウイルス感染が原因でできるいぼには、尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)、水いぼなどがあります。これらはそれぞれ原因となるウイルスなどが異なり、治療法もそれによってかわってきます。

尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)

ヒトパピローマウイルス感染が原因でできるいぼです。尋常性疣贅はいわゆるいぼで、白くボツっとした半球形をしており、大きさは数ミリ〜1㎝ほどになることがあります。ほとんどの場合自覚症状はありません。

ひっかいてしまい皮膚がやぶれると、その部分から他人に伝染したり、別の部位に拡がります。プールやジム、温泉施設などの足拭きマットなどから感染することもあります。

液体窒素で冷凍凝固して取り去る治療や漢方のヨクイニン内服でも効果が得られることが確認されています。難治の場合はラジオ波メスによる除去などを行います。


水いぼ

伝染性軟属腫ウイルスに感染することが原因でできるイボです。水いぼは3〜15歳の子どもに多いいぼの一種で、体、手足、わき、股などによくできます。見た目は表面がつるっとして水ぶくれに似ており、大きさは数ミリから5ミリ程度です。スクールでのスイミングやタオルを共有したりすることで感染することが多いようです。

水いぼは毛を介して感染するといわれていて、体毛のある身体各部にあらわれやすいのが特徴です。痛みや痒みなどの症状は少ないのですが、まれにかきむしってしまうとウイルス拡散の原因となることがあります。

放っておいても半年〜3年くらいで抗体ができて自然におさまってきますが、感染防止や見た目の問題で積極的な治療を選択する方も多くいらっしゃいます。

治療は特殊なピンセット状の器具で先端をつまみ、除去します。当院では、痛み止めのテープを患部に貼り、1時間程度お待ちいただいた後、除去を行っています。


青年性扁平疣贅(せいねんせいへんぺいゆうぜい)

ヒトパピローマウイルス感染でできるいぼです。ひらたく扁平に盛り上がった、やや褐色のいぼが線状に広がって数多くあらわれます。その名のとおり、青年期、とくに女性に多く見られるのが特徴です。痒みを伴うため爪などでかくと、イボが癒着したり、新たなイボができたりします。

免疫ができると自然に消えていきますが、それには数年かかります。積極的に除去を行う場合、液体窒素による除去法のほか、漢方のヨクイニン内服でも効果が得られることが確認されています。症状や状態にあわせて、これらの治療を行います。

帯状疱疹

帯状疱疹

帯状疱疹の原因は、ヘルペスウイルスの一種である水痘帯状疱疹ウイルスです。水ぼうそう(水痘)にかかったり、あるいは水痘ワクチンを打ったりしたことで、ほとんどの人の神経節にはこのウイルスが潜んでいます。健康なとき、このウイルスは隠れたまま大人しくしていますが、ストレスが強かったり、体調を崩したりして免疫力が落ちると、ウイルスが活性化し、神経を通って皮膚近くまで出てきて帯状疱疹を発症します。また、加齢による身体の衰えでも同様なことが起こることもあります。

発症すると、まずは身体の左右どちらか一方でピリピリとした痛みを感じます。2日ほど後に赤っぽい小さな水ぶくれ(水疱)ができはじめ、神経にそった形で帯状に拡がっていきます。症状は身体の片側に偏りますが、出る部位は頭部から足先までどこにでも現れる可能性があります。神経にダメージを与えるため、おさまった後に神経痛が残ることがあります。

帯状疱疹後神経痛について

帯状疱疹が長引いたり悪化したりすると、治癒した後まで神経の痛みが続き、ひどい場合には日常生活にさしさわりが出ます。これを帯状疱疹後神経痛といいます。ウイルスが神経を傷つけたために出る帯状疱疹の後遺症です。
とくに帯状疱疹の痛みがひどく重症化すると出やすい傾向にあります。また、高齢の方や糖尿病がある方などで高い確率で発症します。

この痛みは帯状疱疹の炎症による痛みとは違って神経のダメージから来ます。したがって、当院では帯状疱疹神経痛に効果のある内服薬を初期段階から積極的に使用することで、帯状疱疹が完治した後も残存する可能性のある神経痛を未然に防ぎます。


当院の治療

治療の基本は抗ウイルス剤の内服です。ファムビル🄬(ファムシクロビル錠)やバルトレックス🄬(バラシクロビル塩酸塩)など13回服用するタイプのものと、アメナリーフ🄬(アメナメビル錠)という11回服用するタイプのものがありますが、どれも優れた効果を発揮します。抗ウイルス剤はウイルスの増殖を抑える働きをするために、飲み始めて2日ほどは効果が見えませんが、1週間ほどすると効き目が実感できるようになります。痒みや痛みが強い場合、塗り薬や痛み止めを処方することがあります。

帯状疱疹が疑われる症状があらわれた場合、早めに当院までご相談ください。

CONTACTご予約・お問い合わせ

インターネットからの診察の予約を
24時間おとりいただけます。
「Web予約ボタン」から
手順に従ってお申し込みください。

TEL:044-865-2222

受付時間 9:00 - 13:00/14:30 - 17:30

LINELINE友だち追加

QRコードを読み込んで、友だち追加していただけます。
クリニックのお得な情報をお届けします。

LINE
TOP
TEL:044-865-2222 Web予約Web予約