BEAUTY DERMATOLOGY美容皮膚科

HIFU(ハイフ)hifu

ハイフとは

高密度焦点式超音波という特殊な超音波を当たることで、たるみや小じわを改善し、リフトアップする治療機器として注目されているのがHIFU(ハイフ)です。

ハイフの特徴

  • 目元のたるみを改善できる
  • 肌の引き締めが期待できる
  • 痛みやダウンタイムが少なく施術直後からメイクも可能
  • 施術時間が短く忙しい方でも利用しやすい
  • 狙った場所だけに照射できるので皮膚表面を傷つけない
  • 効果が持続しやすい

ウルトラセルQプラス

当院では最新鋭のHIFU治療機器「ウルトラセルQプラス」を導入しております。この機器は、超音波をターゲットに集中させて加熱することで、コラーゲンや線維芽細胞等を新生・活性化させることができます。
たるみの原因となるSMAS筋膜は、レーザーやIPLなどの治療機器ではエネルギーを届けられない深層にあるため、施術が難しかったのですが、ウルトラセルQプラスではハイフテクノロジーにより、深層まで加熱することができます。
フェイスリフトや糸リフトなどと同等のリフトアップ効果が得られるため「切らないフェイスリフト」とも呼ばれています。

肌のたるみを引き締めます

ウルトラセルQプラスでは、脂肪層と筋層の間にあるSMAS(筋膜)に発生したたるみに対して、熱損傷をピンポイントで与えることで肌に引き締め、たるみ改善をもたらします。通常のレーザーや高周波では届かない層まで加熱するため、高いリフトアップ効果が期待されます。


コラーゲンを増やします

毎日徐々に減少し、緩んでいく肌のハリ・潤いに対して、ウルトラセルQプラスでは、コラーゲンを収縮させることで施術直後より肌の引き締めを与えます。また、肌の状態や個人差があるものの、コラーゲンの生成は最長6か月保つとされ、1回の施術効果が比較的長期間続くことも特徴です。


短時間で施術可能です

ウルトラセルQプラスは、従来のウルトラセルと比較して照射速度が3倍と施術時間の短縮を実現しております。お忙しい方にも施術時間が短く、SMAS(筋膜)まで熱損傷をピンポイントで与えられるたるみ治療を受けていただきやすいかと思います。


照射を調整することでより効果を得られます

ウルトラセルQプラスでは、照射する範囲を設定することで、狙った部位の細胞を破壊(溶解)、排出することが可能となりました。また、当院では、二重あごにお困りの方に対しては、厚い脂肪層を狙える専用の「リニアファーム」を用いることで、独自の照射方法や温度での施術を可能にしております。
なお、狙った部位のみ施術するため、皮膚表面を傷つけることなく、より効果的に肌のたるみや小顔治療が行えますので、安心してご来院ください。


痛みを軽減・麻酔不要な施術です

当院で導入しているウルトラセルQプラスでは、特殊な温度での施術が可能であり、麻酔を使用せずに、痛みの少ない施術を受けていただくことが可能になりました。なお、短時間で狙った部位だけに効果をもたらすため、施術直後からメイクや洗顔を行っていただいて構いません。

3つのカートリッジで効果的なアプローチ

ウルトラセルQプラスは、就社部分に合わせてヘッドのカートリッジを変更することで、より高い効果が期待できます。

深達度1.5㎜のカートリッジ

1.5㎜のカートリッジでは、皮膚の浅い層(真皮上層部~下層部)に照射することで、目元や口元の小じわを改善するだけでなく、毛穴を引き締め、肌にハリを与えることが期待されます。


深達度3.0㎜のカートリッジ

3.0㎜のカートリッジでは、皮下組織より深い層(真皮深層部~皮下組織深層部)まで照射することで、肌の引き締めだけでなく、たるみを改善する効果も期待されます。


深達度4.5㎜のカートリッジ

4.5㎜のカートリッジでは、皮下組織より深い層(SMAS層:筋膜)まで照射することで、リフトアップや深いしわの改善に効果があるとされています。

LinearFirm(リニアファーム)

LinearFirm(リニアファーム)は、HIFU(高密度焦点式超音波)技術を搭載したたるみ治療機器に装着可能なカートリッジのひとつであり、二重あごやフェイスラインのたるみをはじめとしたお悩みに対し、脂肪層(皮下組織)まで効率よくアプローチできると期待されています。HIFU自体、たるみ治療やリフトアップに使用される治療機器ですが、リニアファームは脂肪溶解を目的とし、HIFUよりも脂肪層(皮下組織)まで熱を伝えることができるとして注目されています。患者様のお悩みに合わせてカートリッジを変えることで、狙ったところに照射できる点もリニアファームの特徴です。

従来のHIFUと比べて痛み軽減

従来のHIFU治療にて痛みを感じる主な原因は照射時の照射温度とされてきました。そこで、リニアファームでは、脂肪溶解に必要とされる58℃前後で照射することにより、従来のHIFUのような痛みを感じづらい施術を可能としました。


リニアファーム+ULTRACelQ+で効果アップ

リニアファームと同時にULTRACelQ+による治療を行うことで、さらなるお顔全体のリフトアップや小顔効果を期待できます。


施術・ダウンタイムの短縮

従来のHIFUより、リニアファームは照射速度が速いとされています。そのため、HIFUより広範囲の狙った脂肪層(皮下組織)へ均一な熱を照射するだけでなく、施術時間を短く抑えることを可能としました。また、従来のHIFUと比較し、痛みなども軽減され、ダウンタイムの短縮につながります。

施術の注意点

施術時間 施術する部位により異なりますが、だいたい30~50分程度です。
副作用 個人差はありますが、痛みはほとんどありません。ただし、稀に軽い痛みや熱感を生じる方もいらっしゃいます。なお、赤みや腫れが施術後に生じることもありますが、すぐに治まるため過度な心配は不要です。
ダウンタイム ダウンタイムはほとんどありません。施術後にメイクをしていただいて構いません。
頻度 半年に1度程度の施術をお勧めしております。
その他 ・施術後は、洗顔やメイクをしていただいて構いませんが、照射した部位を強くこすったりしないようにしてください。
・体内に金属が入っている方、妊娠している方、ヘルペスやケロイド等皮膚に炎症のある方、重度の心臓疾患のある方、出血性疾患のある方は施術を受けていただくことができません。予めご了承ください。
・色素沈着を起こす場合があるので、施術後は紫外線による日焼けをしないように日焼け止め等、紫外線対策をしてください。
・実際に施術できるかは最終的に医師が判断いたします。ご不明点等ありましたら、医師による診察時にお申し出ください。

よくある質問

副作用やダウンタイムはありますか?

施術中に痛みを生じることはありますが、一時的なものが多いです。また、ダウンタイムは短く、体質により赤みを生じることがありますが、翌日には消失することがほとんどです。


効果はいつから実感できますか?

施術直後から実感し始め、長い方だと6カ月程度効果が持続するとされています。特に、施術後1~3ヵ月は、コラーゲンの生成が行われることで、肌にハリとリフトアップ効果をもたらします。また、施術直後には熱エネルギーの影響もあり、肌の引き締め効果を感じる方も多いようです。


施術は何回受ければよいのでしょうか?

1回の施術でも十分な効果が期待できますが、効果の持続や満足度を上げるためには3~6か月に1回のペースで施術を受けることを推奨しております。繰り返し施術を受けることで、効果を実感していただきやすくなりますので、適切な頻度で継続した施術を受けられることを推奨しております。

施術費用

たるみ、シワ治療

(ドット) 1回 モニター価格
顔全体 88,000円49,800円
※2022年12月まで
77,000円
顔全体+あご下 104,500円59,800円
※2022年12月まで
98,000円
目まわり 38,000円 38,000円

※施術後~半年かけて引き締まり、引きあがります
※施術間隔:6か月に1度
※痛み、ダウンタイムがほぼなし
※顔全体は+20,000円でリニアあご下追加できます

二重顎治療(脂肪溶解)

(リニア) 1回 3回セット(1回あたり)
あご下のみ 33,000円 87,000円(29,000円)
頬+あご下 40,800円 105,000円(35,000円)

※施術後~半年かけて引き締まり、引きあがります
※施術間隔:2週間に1度を3回セット推奨
※かさぶたが薄くはることもあります

CONTACTご予約・お問い合わせ

インターネットからの診察の予約を
24時間おとりいただけます。
「Web予約ボタン」から
手順に従ってお申し込みください。

TEL:044-865-2222

受付時間 9:00 - 13:00/14:30 - 17:30

LINELINE友だち追加

QRコードを読み込んで、友だち追加していただけます。
クリニックのお得な情報をお届けします。

LINE
TOP