FOOT CAREフットケア

たこ・魚の目callous skin

たこ・魚の目

たこ

ラケットやバットを振り続けてできる手のひらのたこや、ペンを握り続けることでできるペンだこなど、皮膚は同じ箇所に圧力・刺激が加わり続けると、たこ(胼胝)や魚の目(鶏眼)ができます。たこは外側に角質が厚くなったもので痛みはありませんが、魚の目は厚くなった皮膚の目(中心)が皮膚の奥へ食い込み痛みを生じます。

原因

スポーツによるもの

ラケットやバットなどの道具を持つことが圧力となってたこや魚の目ができます。

また走る、飛ぶなどスポーツそのものが足に圧力をかけるため、たこや魚の目ができやすいのです。足のたこや魚の目については、靴紐をしっかりと締めて靴を足にフィットさせることによってある程度避けることができます。

女性特有のファッションによるもの

女性でハイヒールを履く機会が多い方は、足先に体重がかかりやすくなり、その部分(足の裏の親指のつけねあたりなど)にたこや魚の目ができてしまいます。また足先が極端にとがって狭くなっている靴などで圧迫が加わり続けると、外反母趾・内反小趾など足指の変形が起こりやすくなり、これもたこや魚の目の原因となります。

普段は歩きやすいスニーカーなどを履き、できるだけハイヒールを履く機会を減らすことを心がけると良いでしょう。

高齢者のたこ、魚の目

高齢者では、筋肉や皮下脂肪が落ちて薄くなり、硬い骨が皮膚にダイレクトにあたってしまうため、たこや魚の目ができやすい状態となります。また、外反母趾・内反小趾など足指の変形や、足腰の痛みから歩き方もバランスが崩れてしまい、不均等な加重のためにたこや魚の目ができやすくなります。

日常の注意点

たこや魚の目は、垂直方向の刺激(圧力・圧迫)だけではなく、水平方向の刺激(擦れ、ずれ)によってもできます。靴が大き過ぎて足にフィットしていない、靴紐がきちんと結ばれていないなどの理由で、歩くたびに絶えず擦れたりずれたりの刺激が加わって、たこや魚の目ができてしまうこともあります。靴は足にしっかりフィットさせましょう。

治療について

魚の目が肥大してきて、痛みを感じる場合ご相談ください。少しずつ剃刀のような器具で患部を削っていく処置をします。芯まで削ったのち、硬くなった角質をやわらかくする働きのあるサリチル酸を高濃度に配合したサリチル酸ワセリン軟膏やスピール膏を処方します。

サリチル酸ワセリン軟膏はお風呂などに入ると流れてしまいますので、入浴後すぐと朝の12回塗布します。朝が忙しい方の場合最低でも入浴後すぐの11回塗布します。

スピール膏は患部よりも少し小さめに切り保護パッドをあてて、ずれないようしっかりと固定テープを貼り、そのまま25日ぐらい貼りっぱなしにしておきます。

定期的に通院して削る処置をしてもなかなか改善がない場合、足のアーチの崩れや合わない靴が原因になっている可能性もあります。当院では「靴の相談日」を設けており、義肢装具士がお一人おひとりの足に合ったインソールの作成、靴選びのご相談にのることができます。お気軽にご相談ください。

かかとケアheels care

かかとケア

かかとの皮膚は他の部位の皮膚とかなり違う構造をしています。そのため分厚くなってしまったり、ひびわれたりなどのトラブルも生じやすいのです。

かかとは体重を支えますから、皮膚は厚くできています。また、かかとを含む足裏には皮脂腺がありません。皮脂は肌を保湿して守るものです。そのため、かかとの皮膚はもともと、肥厚しやすくまた乾燥しやすいのです。

さらに、人の肌は6週間ほどで入れ替わっています。基底層で新しい皮膚細胞が生まれ、成長しながら表面に押し出され、最後は垢となって剥がれ落ちます。これをターンオーバーといいます。ターンオーバーはストレスや生活の乱れ、乾燥、加齢などによってサイクルが乱れることがあり、それが元となって角質層が剥がれ落ちずに蓄積してしまうなど肌トラブルをおこします。かかとの皮膚は他の部分とくらべてターンオーバーが遅いため、さらに肥厚などが起こりやすいと言えます。

こうしたかかとに対しては、保湿や、定期的に厚くなった角質を削るなどの治療が必要となってきます。当院では、患者さんに最適なかかとの医療ケアをご提案するほか、日常のケア方法などについても詳しくご指導いたします。

かかとのかさかさ原因

乾燥

足裏にはもともと皮脂腺がないため、他の部分より乾燥しやすいといえます。疲れやストレスが加わってターンオーバーが乱れると、古くなった皮膚が剥がれ落ちにくくなって古い角質が積み重なって肥厚し、さらに乾燥を招くという悪循環に陥ります。

特定の皮膚病

しっかりとケアを行っているのに、角質化や乾燥によるひび割れなどが改善しなかったり、何度も繰り返したりする場合には、他の皮膚病の可能性もあります。
疑われる主な病気としては、角質増殖型の水虫かもしれません。あるいは皮膚が硬くなっていく足底角化症などの可能性もあります。角質増殖型の水虫はかゆみを感じないことが多いため自分では気づきにくいものです。気になる場合には皮膚科の専門医にご相談ください。

靴の相談日Shoes

靴の相談日

当院では足や靴にトラブルのある方を対象に月に一度「靴の相談日」を設けます。義肢装具士が来院し、お一人おひとりの足にあったインソール(足底装具)作成や靴作成、また靴の選び方や歩行に関わる事全般のお手伝いをさせて頂きます。完全予約制となりますので、まずは来院の際にご相談下さい。

ご相談例

  • 外反母趾がひどくて合う靴が見つからない
  • たこ(胼胝)や魚の目(鶏眼)があり、定期的に通院して処置をしても改善が乏しい
  • ヒールを履くとすぐに足が痛くなる

靴の相談日の流れ

  1. 採寸:足のサイズ(足長・足囲・足幅)を測定します。同時に足の特徴も確認します。
  2. 採型:軟らかいクッションのような素材を使用して足型を立体的に取ります。
  3. インソール:採寸・採型をもとに製作します。
    靴型装具:採寸・採型をもとに製作します。

*足の状態によって、インソールや靴型装具は保険適応となります。

CONTACTご予約・お問い合わせ

インターネットからの診察の予約を
24時間おとりいただけます。
「Web予約ボタン」から
手順に従ってお申し込みください。

TEL:044-865-2222

受付時間 9:00 - 13:00/14:30 - 17:30

LINELINE友だち追加

QRコードを読み込んで、友だち追加していただけます。
クリニックのお得な情報をお届けします。

LINE
TOP
TEL:044-865-2222 Web予約Web予約