BEAUTY DERMATOLOGY美容皮膚科

ほくろmoles

ほくろ

ほくろ

ほくろは、表皮にメラニンを生成する細胞メラノサイトが密集することでできた良性の腫瘍です。見た目だけでは、いぼや脂漏性角化症など、ほくろと区別のつかないものもあります。まれに悪性のものなどができることもあり、正確な判断は皮膚科を受診して専門医に委ねましょう。

ほくろには、皮膚表面から出っ張っていない平らなほくろと、いぼのように少し出っ張ったほくろがあります。ほくろを除去する場合、ほくろの大きさや状態を医師が判断し、適切な治療方法を決定しますが、外科手術やレーザーで除去することが一般的です。

急激に大きくなったときは要検査

ほくろ

ほくろは、ほとんどが良性の色素性母斑(しきそせいぼはん)なのですが、新しくできたほくろが急激に大きくなってきて、色も変わってくるなどの場合、悪性黒色腫(メラノーマ)のおそれがあります。悪性黒色腫は色素細胞が癌化したもので手当が遅れると危険をともないます。ただ、早期に発見すれば元となる部分を簡単に除去することができますので、早期発見早期治療が大切です。このように大きくなってくるほくろ状のできものを見つけた場合は、できる限り早く皮膚科の専門医の検査を受けるようにしましょう。

ダーモスコピー検査

ほくろの診断ではダーモスコピー検査を利用して、良性か悪性化の判断をします。

ダーモスコープという特殊な10倍拡大鏡を用いると、皮膚表面の光の乱反射を抑えることができるため、皮膚の表面だけでなく、やや深い部分までを詳細に観察することができ、ほくろとメラノーマ(悪性黒色腫)の鑑別ができます。当院ではこのダーモスコープを使用して、正確ですばやい診断ができる環境を整えています。

患部に光を当て、特殊なフィルターを通して診察するだけの簡単な検査機器ですので、安心して受けることができます。

ほくろの治療

外科手術

色素が濃くて大きくなっている場合、完全にほくろをなくしたい場合、悪性が疑われる場合などは炭酸ガスレーザーではなく、外科手術による除去を行います。
局所麻酔をしますので痛みを抑えた、日帰り手術となります。手術に際しては血液検査が必要になります。

手術当日は入浴、患部のお化粧はできません。患部に水がかからないようにすればシャワーで汗を流したり汚れを落としたりすることは可能です。運動を避け飲酒も禁止となります。

術後に患部をガーゼでカバーしますが、このガーゼは翌日経過観察の来院時まで外さないように注意してください。消毒の後、問題がなければおよそ7日で抜糸できます。1年程度で手術痕は目立たなくなります。

なお、外科小手術の場合は術前採血検査、病理組織検査が必須になります。

手術の際の流れ
  1. 手術の日程の決定、同意書、術前採血検査
  2. 手術
  3. 抜糸(手術から1週間前後)
  4. 結果説明(手術から3週間前後)

 

手術費用
3割負担(保険適応) 約9000円~18000円(病理検査費用込、範囲・部位により異なります)

サージトロン

ラジオ波という高周波を利用するメスで、ほくろやいぼなどに有効です。個々の細胞の水分子に作用しますので、熱による周辺組織へのダメージが非常に少なく、傷痕の治りが早いことが特長の1つです。その熱によるダメージ範囲は一般的な電気メスの約40分の1以下と圧倒的です。

このマイクロ波を用いて、ほくろを浅く切除します。施術に際しては局所麻酔を行うため、痛みはほとんどありません。切除した部分はやがてかさぶたとなって、1~2週間程度で自然に剥がれ落ちます。

なお、高周波照射によって腫れが発生することがあったり、施術痕に内出血することがあります。
ただし一時的なもので、時間がたてばおさまります。

サージトロン 金額
5mmまで 10,000円
5mm~1cm 15,000円
以降5mm毎に 5000円ずつ加算

CONTACTご予約・お問い合わせ

インターネットからの診察の予約を
24時間おとりいただけます。
「Web予約ボタン」から
手順に従ってお申し込みください。

TEL:044-865-2222

受付時間 9:00 - 13:00/14:30 - 17:30

LINELINE友だち追加

QRコードを読み込んで、友だち追加していただけます。
クリニックのお得な情報をお届けします。

LINE
TOP
TEL:044-865-2222 Web予約Web予約